沖縄の名物料理

さまざまなチャンプルー

沖縄の名物家庭料理といえば象徴的なのが、ゴーヤチャンプルー。チャンプルーとは炒め物という意味で、ゴーヤの他に豆腐や豚肉が入る人気のお総菜です。ゴーヤはウリ科の野菜でニガウリとも言われ、ユニークな形状と独特の苦みで有名ですね。崩れにくく焦げにくい島豆腐はチャンプルーによく登場します。また、沖縄は豚肉の消費量が非常に高く、保存がきく作り置きの塩漬け豚や加工された缶詰製品もよく料理に使われます。ゴーヤチャンプルーは、その苦みから食欲のない暑い季節でも箸がすすみ、タンパク質も十分補給できるという、沖縄ならではの生活の知恵がうかがえます。チャンプルーは他にも様々な種類がありますが、最もユニークなのはソーメンチャンプルーです。ゆでたソーメンとツナ詰を炒めただけのものですが、これは台風で外出できないことが多い季節に、家庭で常備しているソーメンと缶詰で作る一品という、主婦の工夫からできたチャンプルーです。

沖縄そばは蕎麦ではありません

沖縄そばをはじめて食べた人は、これが「そば」なのかと疑問に思うでしょう。コシのある歯ごたえの?は、小麦粉にかんすいを使ったもので、中華麺とうどんの中間的な位置づけ。そしてつゆは、鰹節と昆布がベースで塩味がほとんどです。人気の具材は、三枚肉と呼ばれるやわらかい豚肉の角煮や、よもぎ(フーチバ)などでこれも沖縄独特です。明らかに蕎麦とは違う食べ物ですね。一方、沖縄そばの歴史は古くそのルーツは琉球王国時代に遡りますが、庶民の食べ物として定着したのは大正時代以降です。どんなに暑い季節でも、土地の人々は朝から沖縄そばを食べます。決して濃い味つけではなく、鮮烈なかつおだしの香りとほどよい塩味が、どんなときでも手軽な軽食として好まれています。沖縄本島以外にも石垣島や宮古島、西表島まで、沖縄そばは広く定着しています。味の方向性にも具材にもほとんど差はありませんが、それらの場所では、島そば、と呼ばれています。