珍しいと動物に出会える沖縄の森でのナイトツアー体験

北部の森林に生息するヤンバルクイナ

沖縄県に観光旅行に出かける予定がある人は、沖縄で出会える可愛らしい動物を眺めるために、ナイトツアーに参加してみる事をおすすめします。もし沖縄県の北部のナイトツアーに参加する予定があるのならば、ヤンバルクイナを眺められるエリアを散策してみてください。

ヤンバルクイナは国の天然記念物に指定されている、赤い口ばしの可愛らしさが魅力の鳥です。沖縄県北部の山林にだけ生息しており、翼は発達していないので、普段から地面を歩きながら餌を探しています。

ナイトツアーの最中に木の上にいるヤンバルクイナを眺められる事もあり、眠っている姿の可愛らしさも好評です。ヤンバルクイナに近付きすぎてしまい、寝ているところを起こしてしまわないよう注意してください。

身体がとても大きなケナガネズミ

沖縄県のナイトツアーで可愛らしい動物を眺めたいのであれば、ケナガネズミの生息している森に足を運んでみてください。ケナガネズミは昼間は木の穴で眠っており、夜に活動している動物なので、ナイトツアーの最中にケナガネズミを見つけられる可能性もあります。

ネズミといえば10cmから15cmほどの大きさをイメージしますが、ケナガネズミは体長が24cmほどあり、日本で一番身体が大きいネズミです。遠くからでもケナガネズミがいる事を確認できるほど大きいので、ナイトツアーの最中にはケナガネズミを探してみてください。

背中には5cmほどの毛が生えていて、その毛の可愛らしさでケナガネズミは人気があり、ナイトツアー参加者からも注目されています。