沖縄ならではの美味しいスイーツ

独自の食文化を持つ沖縄

沖縄は、気候的にも本土と違い東南アジアの文化も色濃く反映しているため、食文化も随分異なります。沖縄料理といえば、ゴーヤチャンプルーやアーサー汁などが代表的ですが、沖縄ならではの美味しいスイーツもたくさんあります。そこで、沖縄旅行に行った際にはぜひ食べてほしいスイーツをご紹介しましょう。
まずは、サーターアンダギーという沖縄のドーナッツ風スイーツです。小麦粉と砂糖、卵を混ぜて作った生地を油で揚げただけのシンプルなスイーツです。コロンとした丸いフォルムをしています。素朴な懐かしい味ですが、昔は砂糖を使った贅沢なお菓子とされていました。現在でも、還暦祝いや十三参りなどのお祝いの席には必ず並ぶ代表的なスイーツとなっています。

本土では食べられないスイーツ

次のおすすめは、ちんすこうです。小麦粉とラード、砂糖を混ぜて焼いたサクサクのスイーツで、昔は琉球王家や貴族もお祝いの時にしか口にできない高級菓子でした。チーズ味や紅芋味、パイナップル味など、味のバリエーションも豊富です。
そして、最後は氷ぜんざいです。ぜんざいといえば、温かいものを想像しますが、沖縄では冷たいスイーツとして振舞われています。甘く似た豆の上に白玉やかき氷がのっており、さっぱりとした甘さが魅力です。沖縄では一般的なスイーツとなっています。
このほかにも、マンゴーやスターフルーツなどのトロピカルフルーツを使ったものなど、沖縄にはたくさんのスイーツがあります。本土では食べられない珍しいスイーツを探索して下さい。